プロミス

【プロミス】30日間無利息サービス★審査は最短30分!※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

任意グレーゾーン金利とは

消費者金融について勉強中の金太郎

博士、任意グレーゾーン金利ってな〜に?


消費者金融について詳しい博士

一言で言えば、利息制限法出資法との上限金利の間のことじゃ。

利息制限法は元本の額により年率を15〜20%の金利を上限としたが、それを上回る金利は無効だが罰則がないのじゃ。

一方、出資法は上限金利である29.2%を超えると罰則を与えることができるのじゃ。

つまり、利息制限法の金利15〜20%から出資法の上限金利29.2%の間の金利を任意グレーゾーン金利と呼んでいるのじゃよ。

出資法では合法だが、利息制限法では違法という解釈ができ、あいまいな金利設定枠になっているので、グレーゾーン金利と呼ばれているのじゃ。

今までは、借りる本人さえ納得して契約すれば、利息制限法は超えても構わなかったが、2006年に出資法が改正されたんじゃ。

この出資法改正により、2010年には出資法の上限金利が利息制限法の上限金利と同じことになるんじゃ。

つまり、2010年には「グレーゾーン金利」はなくなるのじゃよ。

スポンサード リンク


【モビット】ネットで24時間お申込OK 安心の銀行系

「消費者金融の知っておきたい用語説明」 コンテンツ一覧

更新情報 最新5記事

消費者金融相談Q&A モバイル版
消費者金融相談Q&A モバイル版


このページのトップへ